一般財団法人みらいRITA

一般財団法人みらいRITAは、次世代の子供たちが安心して暮らせる社会実現のために、社会・環境課題の解決に向けてチャレンジする組織を支援します
設立の思い財団の詳細助成募集プロボノ募集活動報告遺贈寄付について

設立の思い

2030年の次世代に、ステキな未来を贈りたい

 2030年はいったい、どんな未来になっているのでしょう。

 世界中の多様な人たちがつながり合い、平和で心豊かな社会。

 革新的なイノベーションが次々に起き、地球環境や貧困・人権問題も解決に向かっている、そんな理想的な世界の実現に向けて、本気でチャレンジしたいと考えています。
 
 「国連持続可能な開発サミット」で2015年に採択された、SDGs(Sustainable Development Goals)には、現代に生きる私たち人類の目指すべきゴールと道すじが集約されています。2030年に向けて解決すべき17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットを一つずつクリアしていけば、すべての子供たちの笑顔あふれる未来社会は、夢物語ではないと確信しています。その中には、個人や企業だけでは、簡単に達成できないゴールもありますが、今後、多様な立場の人々が協業することによって、きっと新しい変革を起こすことができるでしょう。

 そのベースには、他人を思いやり、未来に生きる子どもや孫の世代に思いを馳せることができる「利他の精神(RITA)」が大切です。

この「利他の精神」が世界中に広がっていけば、国境や民族、宗教の違いなど異なる価値観を越えて、お互いを理解し、尊敬し合い、受け入れることは難しくありません。遠くない未来では、格差の問題もなくなって、シェアの精神が当たり前になってほしいと願っています。

私は25歳のときに、「未来の社会を変える仕事がしたい」「社会の役に立つ仕事をライフワークでしたい」と考え、CSR(企業の社会的責任)を推進する会社を設立しました。今では、社会起業家の一人ですが、立ち上げ時には苦労もし、何度も転機を迎えました。阪神淡路・大震災も、その転機の一つですが、震災からの復興も当時は容易ではありませんでした。そのときの貴重な経験から、みらいRITAでは、まずは、大規模災害の復興支援や心のケア、持続可能な未来に向けて新しい町起こし事業にチャレンジする起業家のサポートができればと考えています。

今回の財団の立ち上げ資金としては、亡くなった両親の思いの詰まった遺産を大事に遣っていきたいと考えていますが、同じように「社会のために役立てたい」とお考えの方々にも呼びかけていきます。私自身が、両親から学んだ「人のお役に立ちなさい」という言葉を胸に、その輪を広げていきます。
小さな小さなスタートですが、3年後には公益財団法人を取得して、チェンジメーカーとなるような情熱とビジョンのある起業家サポートを本格的に始めたいと考えています。理事、評議員、監事で参加していただくステキな方々とも一緒に、新しい発想でのスタイルを創っていきます。